spacer
イタリア初日の宿は一泊100€、おまけにミラノコレクションの最中で値上がりして123€(日本円で当時約14,500円)
こんな金額では長い旅は無理、翌日から安いホテルを探す。片言の英語で電話して予約を入れる。
60€(日本円で約7,200円)から20€(日本円で約2,400円)まで日に日に安いところを見つけ、交渉しながらの旅だった。
食事のほとんどがSma(スーパー)で食材を3食分ほど買い込み、宿で食べたり、サンドイッチを作りカバンに詰め込む。
安い部屋には冷蔵庫などなく、トイレとシャワーは共同なので部屋の鍵だけが頼り、まさしく寝るための宿だ。
鉄道はストが多く、小さな町では半日以上待ったことがあった。それでも、行く先々で好意的に対応してくれたイタリア人に感謝。
ある日の夕方、時間通りの列車に乗ったはずが違う急行列車で、駅員さんに「Mistake」と説明しても対処はしてくれず、時刻表とにらめっこ。
隣に座っていた青年が言葉も通じないのにいっしょに時刻表をめくり、時間の合う乗り換えの駅を探してくれた。
おまけに乗り換えのとき、いっしょに走ってくれて、駅員さんに説明してくれたのだ。本当に助かった。「Grazie」本当にありがとう。
思い起こせば、北から南までミケランジェロの足跡を追っかけていたようだ。
spacer
   
ketu830
Copyright (C) 2006-2011 TANPRO. All Rights Reserved. 無断での転載を禁止いたします。