u_osusume u_works uhitori u_yu 問い声
space
1001hinode
2010年1月
1001yakiniku
明けましておめでとうございます。
昔観たSF映画「2010年宇宙の旅」が現在になった今年、どんな年になるのか、したいのか自分に問い正しています。
子供の頃とくらべると、ずいぶん生活が変わりました。昔のいい文化はなんとか取り戻したいと考えています。
写真は昨年の日の出、今年は写真を撮ることが出来ませんでした。下はおせちもいいけど焼肉もね。

「ひとりごと」アーカイブ
space
space
takaga
space
2010.1/31 日本人って

早くも1月が終わろうとしている。CNNのニュースを見ることが多くなっているのだが、トヨタ自動車のリコールが700万台になることが流れている。事故が起きた訳ではないが、アクセルの問題だとか、トヨタは大丈夫だろうか?そして、日本の企業への影響はどうなのか?日本のニュースにこのことはほとんど流れない。どうも日本で売られているトヨタ車には関係ないようだが、気になるところだ。
なぜ世界の視点と日本の視点はこうも違うのだろうか。世界で日本人や日本の企業がどう見られどう考えられているのか知る必要があると思うのだが…
もうすぐバンクーバーで冬季オリンピックが始まる。オリンピックと言えば、今まで日本人がメダルを独占すればルールが変わるということが何回かある。ジャンプに複合競技、水泳競技等、日本人が身体のハンデを工夫でカバーするとルールが変わる。まだまだ西洋人が東洋人に負けるのは屈辱なのかもしれない。
ミクロを考えるのが得意な日本人だが、マクロも見れるようにならなければと思う。
2010.1/26 素晴らしい講演会

商業界えひめ同友会の新年講演会に行ってきた。ものすごく固い感じの名前だが、無料で気軽にいける会なのだ。昨年の講演会にがっかりしていたので、おつきあいで行くのならやめようかと思っていて、案内のリーフレットを見て、やっぱり行くことにした。
1001uematsuロケットを開発し、打ち上げにも成功している植松電機の植松努氏。タイトルは「思うは招く」、何か面白そうだ。美辞麗句のきれいごとの講演なら途中で帰ればええわ、と思っていたのだが、何かわくわくするではないか。何か涙が出てくるではないか。子供の頃から好きなことをやるために大人の壁があり、「普通」という決めつけに邪魔されながら好きな道を歩く植松氏の語りと映像に釘付けになっていたのだ。
メモなんてするつもりはなかったのに、気がつけば案内リーフの裏にびっしり書き込んでいた。聞けば当たり前のいいことを言っているのだが、実行している人はなかなかいない。そして、成果を上げている人はもっといない。
パッと見、精彩を欠く作業着の中年は(私より若い)偉いことをやってのけている。そして、やることがどんどん進化しているではないか。
素晴らしい!イチローよりかっこいいぞ!
そして、時間がきても言いきるまで終わらない植松氏の「やりきる姿勢」にも好感が持てた。
子供達に「どうせ無理」を言わせない大人として私も頑張りたい。
2010.1/24 住居を考える

最近住宅情報が気になり、安い物件を見つけてはチェックしている。地域や環境、以前住んでいた人など気になることはいっぱいだ。一軒気になる家があり見に行ってみることにした。
今朝見に行ったのだが、まだ住んでいる方が出かけている間に拝見ということで不動産の方に案内してもらった。そこには生活臭があり、汚れた家財道具や汚れた壁、子供がつけたであろう壁のヘコミなど・・・事情があり、家を手放さなければならないのだろうが、あまりにも生々しくて明るい気持ちにはなれなかった。今こういう家は多いと言う。いろんな人にいろんな人生があり、仕事問題か無理をしたのか、夢のマイホームの成れの果てを見てしまったような気がした。
後で電話があり、買い手が決まったということだったが、私は別に急いでないので気長に探すとしよう。
1001tomatonabe今後の自分の生き方を考えるとき、どうしても場と居は必要だ。自分のスタイルを考えている時が一番楽しいのかもしれない。

たまにトマト味のものが食べたくなり、寒いのでパスタはやめて真っ赤なトマト鍋になった。食べた後はトマトリゾットかフィットチーネのイタリアンなど考えていたが、鍋だけでお腹いっぱいになり翌日のメニューになった。
トマト鍋、なかなかいけるのだ。
2010.1/19 HAITIの今

仕事が一段落し、テレビをつけると芸能界のニュースの多いこと。男の身体のどこに魅力を感じるか?とか、くだらない話題にチャラチャラ言ってるのでチャンネルをかえ、CNNを見るとハイチの災害の様子、救済物資が地方に届かず暴動が起きていることなど、これらに対し、自分たちに何が出来るかというニュースで一色だった。
この温度差は何なのだ。
一般のニュースは短く、貧困な国ハイチでの救済活動の様子や急遽のチャリティの話しなどに時間はとられていた。
国民性の違いなのか?やはり島国故の意識の違いなのか?日本のメディアの優先順位は何が目安なのか?日本で言う「グローバル」とは商売だけに使われるものなのだろうか、恥ずかしい気持ちになった。
1001lovelive2010.1/16 LoveLive

今年に入っていろんな方に会う機会が増えた。久しぶりの施主の顔や初対面の顔、初めて会う方には結構気を使うものだということを忘れていた。
そして、今日はY'sCafeでラブライブが行なわれた。
昨日、ラブライブについて4時間以上も今後の方向について話して、とんねるずの「ねるとん」を思い出していた。ラブライブはあくまでもきっかけであり、個々がしっかり意思表示をしなければ前には進めない。
今回は 主催者が少し背中を押す感じのいつもより落ち着いた雰囲気で進行し、初めてカップルが誕生した。何か幸せな雰囲気のお裾分けをしてもらった感じだ。
今後、毎月1回ラブライブを予定しているので、音楽好きの独身の方にはぜひ参加して出会いのチャンスをつくってほしい。
1001new_yashiro2010.1/11 松野町

久しぶりに松野町へ行ってきた。空気は冷たく澄んでいた。おいしい鍋と笑顔で休息することができた。宇和島の友人Kちゃんにも久しぶりに会えて仕事のことや健康管理のことなど、年寄りみたいだが、いろんな話しをすることができた。

合併問題で右往左往した松野町の人口は今5000人弱、それなのに神社の修復などの費用を少ない世帯で分担しなければならないらしい。以前お参りした河内神社はすっかりきれいになって立派になっていた。



帰り道、城川の道の駅に立ち寄り食事をする。
この道の駅で買う薫製は美味しく、当然のことながら豚ベーコン丼を美味しくいただいた。
1001kinahaiya陳列している商品をながめていると、旨そうなものがいっぱいである。その中で明浜の「みかんのぽん酢」を見つけた。
たくさん 売れることを願いつつ写真を撮った。
1001nanakusa2010.1/7 七草粥

年も明け、あっという間に七草粥の日。正月、休みらしいゆっくりした日を過ごしていない私は、次の連休にゆっくりドライブをと考えている。
今日は学校で働くFちゃんにもらった春の七草で作ったお粥をいただいた。「すずな・せり・なずな・ごぎょう・ほとけのざ・すずしろ・はこべら」身体にやさしい七草粥でお酒が多くなったこのごろの胃を休めなくては。
2010.1/3 ジャパニーズウォッカ

元旦、2日と午前中クライアントのフェアのお手伝いで始まった今年、2日の夕方、ニューヨークから3年ぶりに帰ってくる友人Eちゃんを迎えて宴を開いた。集まる面々も世代も違い久しぶりの顔ばかり、鍋をつつきながら話は尽きない。ニューヨークからの客人ジェニファーも片言の日本語を交えながら笑ってくれた。
焼酎を英語で伝えるのにジャパーニーズウォッカを使うとは知らなかった。私も芋のジャパーニーズウォッカを飲みながらご機嫌である。
ニューヨークでの失業率は12%、失業保険をもらっていない人も含めると約17%〜24%になるんじゃないかと彼女は言う。日本の比ではない。そんな状況でも明るい彼女の生活スタイルにスイミングが入っていて、トライアスロンの泳ぎ部門に挑戦しているようだ。奇抜な行動をする彼女のバイタリティは私を刺激し、元気をもらうのだ。
今日は横浜で頑張る息子にも会うことができ、元気な姿に安堵した。どんどん大人になっていく子供達、都会でいろんな出来事に遭遇するだろうが、乗り越えてほしいと願うばかりだ。
1001soba2010.1/1 初詣

明けましておめでとうございます。
年越しそばを食べて、0時を過ぎると例年、地元の神社の日招神社へ向かう。昨年より少し冷たい空気の中、新年の挨拶と子供たちのたたく日招太鼓を聞くのだ。お神酒をいただき甘酒もいただきご機嫌で帰った。
この地で6年目の正月を迎えた。年々時間が過ぎる早さが早く感じるのだが、今後の目標も少しづつ具体的になってきている今、焦らず一歩づつ足を踏み出していこうと思っている。
皆様、今後ともよろしくお願いします。
 
top
 
ketu5
Copyright (C) 2006-2011 TANPRO. All Rights Reserved. 無断での転載を禁止いたします。