u_osusume u_works uhitori u_yu 問い声
space
0911kouyou
2009年11月
0911cyclamen
11月、今年も残すところあと2ヶ月となりました。紅葉も見に行けずに年末になりそうで・・・
インフルエンザに気をつけて、うがいと手洗いを忘れないように。しっかり食べて適度な運動と睡眠を心がけるようにしましょう。

「ひとりごと」アーカイブ
space
space
takaga
space
0911ehimeesm2009.11/30 安堵と提案

11月も終わり。何か時間が猛スピードで過ぎていく感じだ。いろんな方に会う機会も増えた。そんなとき、「やまぽん酢」を置きたいのでと20本の注文があった。さっそく手配するのだが、人から人へのネットワークがうれしい方向へと向かう事がとてもありがたい。場所は松山市ロープウェー街において、潜在的将来性の高い地域産品を取扱うえひめイズム(感性価値創造ショップ) (松山市大街道三丁目2-45)である。
川崎和男氏曰く「デザインは問題の解決方法だ」しかも「難問解決の唯一の方法だ」と読んだことがあるが、少しづつ結果が出てくる事がやりがいなのかなと、安堵と次の展開に向かう提案をと考える私だ。

島田洋七ががばいばあちゃんに「なんでばあちゃんはそんなに前向きなんか?」と聞くと「後ろ向きに歩くのは難しい」と軽く返したとテレビで聞いたとき、全くその通りだと頭に焼き付いた。
2009.11/26 二日酔い

クライアントのご紹介で出会った塾の社長の誕生会に参加した。なんとなく異業種交流のような感じの食事会、各業種の疑問や知らない事を聞いたり話したりと楽しい時間を過ごせた。ついつい飲み過ぎたのか、今日は頭が痛い。ヨワッタものだ、午後から打ち合わせがあるのに、準備するものも出来上がっていない、と、焦っていると一本の電話が鳴る。「今日の打ち合わせの日をずらしてほしい。」私は「しょうがないですね」と言いながら心の中では「助かった〜」とうなった。

焦っているときというのは、なかなか思うように頭も身体も動いてなくて、見透かすように時間も早く過ぎていく。何事も平常心でと心がけられるのは、平常な時だけなのだ。平常でいられるような段取りをしていなければならない。普段からシミュレーションしておかなきゃ。

夕方、どうも酒が抜けていないので友人を誘ってテニスで大汗をかいた。おかげでスッキリ!
0911manryo2009.11/24 万両

先日、義理の父が畑の手入れをしてくれた時に持ってきてくれたのが、この万両の木。薮麹科の万両は山で木の根元に育つもので葉の下に赤い実をつける。万両の花は7月から8月頃花が咲き、12月頃実が赤くなる。名前の通り縁起物で、お正月に赤い実が玄関を飾るのはとてもいい雰囲気だ。

うちはお金がないので、せめて心だけは豊かでありたいと思うのだ。お義父さんありがとう。
0911nabe2009.11/21 初鍋

テレビや街にクリスマスソングが流れるこのごろ、少しバタバタと仕事をしている。
冷蔵庫に頂き物の魚を冷凍していたり、カブや大根など野菜もいただいていたので、この冬、初めての鍋をした。
さっそく「みかんのぽん酢」を出しておいしくいただいた。冷蔵庫に残っていた「ゆずぽん酢」と比較して、やっぱり「みかんのぽん酢」で食べると素材の味がよくわかり格別においしいと舌鼓を打った。
0911refco12009.11/16 トーナメント

15日スポーツクラブレフコのテニストーナメントが行なわれた。我々タンプロ庭球倶楽部の面々も参加し奮闘した。肌寒く少し風が吹く一日だったが、無事怪我もなく楽しい一日を過ごすことができた。
ミックスダブルスで20組の大会、ペアを組むのは初対面の方ばかり、一試合が20分なのだが、負けていれば短く感じ、勝っていれば長く感じるもの、思い通りにいかなくて悔しかったり、楽しかったり、自分再確認にはとても良い経験になった。テニスは奥深いとあらためて感じた私だった。
0911refco2勝ち負けおよびゲーム数をポイントにして順位をつけるのだが、ちなみに私は男子20人中1勝3敗の男子14位と少し寂しい結果となった。
悪い癖が出ないように練習のやり直しだ。
よく準備されていてスムースに進行がなされたいい大会だった。
2009.11/13 おもてづら

ハローワークに中高年の人があふれている。男女雇用均等法に年齢不問の求人、聞こえはいいが、電話の問い合わせ時点で、「できればうちは40歳までと考えています」と断られると友人は言う。結局年齢制限があり、企業の希望ははっきりしているのに求人情報には載っていないという事になる。「電話代がもったいない」と友人は怒る。法律で決まろうが規制しようが、結果的に企業が欲しい人材は決まっているのだから、どうせならはっきりわかる方がすっきりする。規制する事でごまかしが増えるなら規制なんていらないんじゃないか。
仕事がないなら最初からないとはっきりしている方が動き方や時間を有効に使えるというもの。平等を装い平等でない実態の行政、謝ってるようで心のない企業のクレーム処理、本当にストレスがたまる時代になったもんだ。
私の周りには本音で生きて寂しい状態になっている友人が多くなってきた。年末には寂しい人間を集めて鍋でもやろうかと考えているのだ。

0911karinsyu話は変わるが、先日、大家さんにカリンをいただいたのでカリン酒に挑戦。4ヶ月前に仕込んだ桃ブランデーは飲み頃、ロックやソーダ割りで食前酒として楽しんでいる。
喉に良いというカリン酒はどんな味になるのか半年後が楽しみである。
0911batta2009.11/8 畑作業

試合を控えてテニスの練習に力の入る私だが、放ったらかしの畑が気になっていた。
今日、久々に畑を耕し筋肉痛である。鍬を持つ手にはマメができた。季節外れのプチトマトは美味しそうな実を付け、茄子はまだまだかわいい実を付けているではないか、ありがたい事だ。この2つを残し、雑草を刈り取り土を耕したのだ。
今日は意外と暖かく汗が噴き出した。
雑草は秋の虫達のすみかとなっていて、蜘蛛やコオロギが逃げ出してちょっとかわいそうな気もしたが、そんな事は言っていられない。次の収穫の準備をしなければ…
0911monzen12009.11/3 門前祭り

昼から門前祭りへ向かう。山本さん自ら「みかんのぽん酢」、「やまぽん酢」を販売する。目標は完売、昼過ぎ立ち寄ると50本ぐらい売れたと聞きひと安心し、通りの様子を見に歩いた。
この通りには「港や」もあり、いつも立ち寄るのだが相も変わらずにぎやかで明るい。おにぎりとお茶をごちそうになっていると、元スタッフのKくん、いっしょにおにぎりをごちそうになる。また、懐かしい顔に出会う。ナオさん、お酒を両手に持って近づいてくる。「これ、おいしいのよ」と元気のいい笑顔がうれしい。そこへ、ショットバーのマスター夫婦がひょっこり、よく知り合いに出会う日だ。すっかりお祭り気分になった。
0911monzen2「みかんのぽん酢」の売り場に戻り、少しお手伝い、「新発売ですよ、試食ありますよ〜」と呼びかけをしていると「まじめなジュースを使ったみかんぽん酢」と山本さんのお父さんのかけ声が聞こえる。え〜っと、聞いたことのあるフレーズに笑いが出た。
本当に山本さん家族およびアルバイトの方々の朗らかな感じが心地いい。
ショットバーのマスターや広告代理店のOくんもぽん酢を買ってくれた。

本当にありがとうございます。

今後もやまぽん酢をよろしく!
「おすすめ話題」参照
 
top
 
ketu5
Copyright (C) 2006-2011 TANPRO. All Rights Reserved. 無断での転載を禁止いたします。