u_osusume u_works uhitori u_yu 問い声
space
0910kuri
2009年10月
0910matsuri
10月、すっかり秋。栗・梨・ぶどう・きのこ、食べる楽しみいっぱいですね。
秋祭りには巻き寿司を食べました。子供の頃、母の手作りの巻き寿司がうれしかったことを思い出します。

「ひとりごと」アーカイブ
space
space
takaga
space
0910kukou2009.10/31 新発売

昼過ぎに松山空港へ。2階で西予市フェアのワゴンが並ぶ。少しでも「みかんのぽん酢」を理解してもらおうとミニポスターを持っていく。
既に10本ぐらい売れていてひと安心した。味見をすればわかるはずだ、うまいんだから。
0910nasu22009.10/30 茄子

なかなかできない畑作業。その畑で、またまたすごい茄子が採れた。この微妙な形の茄子たちがまたまた美味しいのだ。
というのもようやく製品化した「みかんのぽん酢」またの名を「やまぽん酢」をいろんな料理に使っているからなのだ。このぽん酢、最初は「少し薄いのかなあ?」と思うほどやさしい味なのだが、一般のぽん酢のようにピリピリした濃い味ではないので、素材の味がよくわかるのだ。素材の旨味を生かすぽん酢と言ったらいいだろうか。
これから鍋のシーズン、どんどん活躍するであろう。

気になる方は「おすすめ話題」を見てほしい
2009.10/26 挑戦

最近、歳を感じる事が多いのだが、たまたまテレビ「プロフェッショナル」で茂木健一郎が「脳のアンチエイジング」について話していたので見いってしまった。今まで出演した高齢のプロフェッショナルを参考に「脳のアンチエイジング」を紐解いていく。歳をとると脳が痩せていき空洞が多くなるらしいが、プロフェッショナルに出演した人達の脳は、同じ年齢の人の平均的な脳より痩せていないのだ。

その理由としての一つが「新しい事への挑戦」
ACCという場所が慣れている事と新しい事を判断し、新しい事に挑戦しようとすると前頭葉に信号を送り、前頭葉から必要な事を各部位に指令を出し活発になるというのだ。

ふたつめは「よくおしゃべりすること」
一方的に話してても駄目で、目と目を合わせ会話をしなければ脳の活性化にはならない。頭に機械を付けて試験的に会話の設定をいろいろシミュレーションしていたが、普通に話しているつもりでも、一方的に話すのと会話になっているときとは脳の活性度合いが全然違う。そこには、喜んだり、理解してもらおうという感情的な事が大きく関与しているみたいだ。

三つめは「外見を気にする」
自分がどう見られ、人はどう感じるか、それにより相手を、そして、場の雰囲気をどう変えていくかを考えている事が大事だと言う。どうも一方的なおしゃれではなさそうだ。

筋肉と同じで鍛錬するわけだが、脳の鍛錬は簡単ではないようだ。ただ、やればいいのではなく、好きで楽しむ事が脳を本気モードにするのだとか。いくつになっても好きな事を学び楽しむ事こそ「脳のアンチエイジング」に繋がるのだ。

「好きこそものの上手なれ」
11月中旬にテニスの試合を予定している私は「脳のアンチエイジング」のためにもひとつ上を目指し頑張る所存である。
0910yamaponzu2009.10/21 もうすぐ新発売

ひとつの商品が世に出るのは意外と大変だ。大きいメーカーが次々に新商品を出すのでさえ、時間がかかるのに、この不安な時期に地方発進の商品というのは時間がかかる。
原材料や製造工程、商標や販売価格に売り上げ見込みなど、 いろいろ検討する事があって約1年、ようやく「おいしいぽん酢」がもうすぐ新発売だ。

くわしくは、もうすぐ「おすすめ話題」に登場するのでお楽しみに!
0910taikodai2009.10/17 新居浜太鼓台

友人が西条で家を購入した。西条、新居浜といえば、今、祭りの真っ最中。遊びにおいでと連絡があり、頼まれていた表札のシートをお土産に友人の新居へ向かったのだ。少し大きくなった娘にもご対面。お土産のLEGOも喜んでくれてホッとした。ピザをごちそうになり、いざ太鼓台を見に河川敷へ出発だ。

河川敷でのかきくらべに11台の太鼓台が集まってきた。「よいとせーよいとせー」のかけ声と共に男っぷりのいいかき夫達が走ってくる。1台の太鼓台にかき夫が150人いるだろうか200人ぐらいいるのだろうか、2トンもある太鼓台を男どもが力を合わせて突き上げる様は力強い。

このあと、夕方はフジの駐車場に集まっていた5台の太鼓台を見に行く。ライトアップされた太鼓台は昼間とは違い、鮮やかな姿である。 間近で見る太鼓台の迫力に見入ってしまった。

写真を撮りまくったので、愛媛を代表する豪快な祭りをご覧あれ!
0910wafupasta2009.10/13 和風パスタ

商品化間近のぽん酢を使って和風パスタを作る。ベーコンを買い忘れたので豚バラを使って玉ねぎとしめじを塩こしょうで炒める。もちろんニンニクスライスも入れる。ゆであがったパスタを絡め、ゆで汁を足して、仕上げにみかんぽん酢を大さじ2杯ぐらいかける。よく絡んだらお皿に盛り、きざみ海苔とネギをふりかけできあがり。
さっぱりとおいしい和風パスタ、おいしくいただいた。

以前、みかんぽん酢使用例の料理撮影で気になっていたので、作り方も聞いていたのだ。

新しいぽん酢の使い方、ぜひ、お試しあれ!
0910nasu2009.10/12 成長

仕事が忙しいと畑は放ったらかし。次の野菜をと考えていたのに早3週間が過ぎた。ちょっと覗いてみると、雑草だらけの中に見事な茄子が育っていた。長さ40センチ以上の茄子、収穫時期を過ぎたであろう立派すぎる姿、早速収穫し夕食のおかずとなったのだが、これがなかなかうまいのでびっくり。
自然とは大したもんだと感心しながら食べた。来週こそは畑の手入れをしてやらねば・・・
成長といえば、先日、元スタッフの家に2ヶ月になる赤ん坊を見てきた。寝顔しか見てないが愛らしくてかわいくて、とても近寄りがたい感じだ。なんか、ばい菌をつけてはいけないと、ついつい自分をばい菌扱いにしている自分がいた。
こわごわ近づいていた姪も3歳、運動会で立派に走ったらしい。みんな強い子に育てよ!
2009.10/6 始動

商品開発のデザイン展開が進み、今日は和食のお店で使用例の写真撮影。うまそうな単品料理が手早く出来てくる。素材の組み合わせも理にかなっていれば、納得の工夫がみられる。
最近、自分で写真を撮ることも増えたが、やはりカメラマンとの仕事は安心する。仕上がりを予想しながら仕上げることにしよう。とにかく、停滞気味の仕事が動くことはうれしい。時間が経ちすぎると緩みがちな手綱を締めてかからねば・・・

でっかい台風が近づいているが大丈夫だろうか。日本列島をなめるように通過しそうだ。松山はあまり被害を受けない地域なので安心だが、油断は禁物。
 
top
 
ketu5
Copyright (C) 2006-2011 TANPRO. All Rights Reserved. 無断での転載を禁止いたします。