u_osusume u_works uhitori u_yu 問い声
space
12_lumi
2008年12月
12_cake
12月、師走。どちらさまも忙しそうです。今年一年を象徴する漢字はなんでしょうか?「傷」「破」という字になるのでは…
写真は4年前に見た神戸のルミナリエ、下は昨年作ったクリスマスケーキ。
心から楽しめることに取り組んでいきたいとあらためて思うこの頃です。

「ひとりごと」アーカイブ
space
space
takaga
space
2008.12/29 忘年会

今日も年賀状の納品があり、その後、テニス倶楽部の忘年会へ。最後まで何かバタバタしていて、友人達との鍋を囲む会とか忘年会はお流れ、新年会とするか。
テニス倶楽部は新人さんも入ったので紹介もかねてペチャクチャ楽しい時間はあっという間だった。最近街中でバッタリ合った懐かしい顔の知人のお店へ向かい、懐かしい話しに盛り上がり、次はビリヤードの得意な新人さんの腕前を見ようとプールバーへ向かう。酔っていても闘争心むき出しの男達、まるで子供だ。はしゃいでいたら午前2時、締めは万寿でラーメン食べて、帰ったらバタンキュー。
みんな!来年も楽しく厳しくプレーしましょう!
2008.12/28 テニスは楽し。

今年最後のテニス。新顔も参加し、コート2面を使い8名で練習した。
あれほど切望していた男性が一挙に5名になり、少しスピードのある練習となった。初心者の多い我が倶楽部だが、来年はチームで試合に参加できそうでワクワクする。元々のメンバーにもいい刺激になりそうだ。
テニスは技術面の成長も楽しみなのだが、それぞれ性格の良いところ悪いところが出てきやすく、素顔の出るスポーツ。それを見るのも楽しみのひとつなのだ。向上心はもちろん、自己嫌悪や劣等感、躊躇や迷い、邪心や嫉妬、チャンスに力み過ぎて失敗したり、知らない間に良いショットが打てたり、もう一度同じショットを打とうとすると打てなかったり、なかなか奥が深い。山あり谷ありを繰り返しながら上手になっていくのだ。
定期的に続けると身体も丈夫になるが、準備運動やストレッチを怠ると身体を痛める。リズムとバランス、そして、マナーを必要とするのだ。

ひとりごとを見ている皆さん、来年の春の試合の結果をお楽しみに!
12ive2008.12/24 イブ

今日はクリスマスイブ。姪がお昼をいっしょに食べるためにやってきた。
昨日からケーキを作って準備をして、朝はサンドウィッチを作って迎えた。
クリスマスのパスタでサラダを作っていたのだが、パスタのサンタさんを持って遊んでいる。すっかり女の子らしくなった姪に傘のプレゼント。よっぽどうれしかったのか、片時も離さない姿に安堵した。
ケーキを美味しそうに食べ、うれしそうに遊ぶ姪の笑顔を見るたび、心が洗われるようだ。お母さんの真似をして「いつもいつも△#○+*×また来ますので△#○+*×」何を言ってるのかわからないが、本人もわかっていないのだろう。お話しするのも遊びのひとつ、今日はおっちゃんとも遊んでくれた。
純粋というのはとても強い。人の心を簡単に動かしてしまう。いい思い出をたくさん残してほしいものだ。
12_lovelive2008.12/20 LoveLive

今日はLoveliveの日。夕べ徹夜で仕事をし、夕方データを納品、夕食もできないまま会場の喫茶店へ向かった。
空腹にワインがしみる。
少し緊張気味の雰囲気の中、素敵なジャズの歌声が響いて、すっかりいい気分になった。最初静まり返っていたお客さんにも、徐々に会話が出てきて、お開きになってもなかなか席を立とうとしない楽しい時間が過ぎた。私はちゃっかり生バンドで1曲歌わせてもらい、いい気分。
景気のいい話しを聞けない最近に、ほっとした時間となった。やはり、いい音楽の力はすごい。
午後11時、空腹と睡魔が襲い、ラーメンを食べて帰宅。zzz
2008.12/18 元気を出せ!

夕べ、毎年お誘いのある広告代理店の忘年会があった。友人のカメラマンと会場へと向かう。昨年と同じ会場でのバイキング、席に着くと、隣の方は昨年と同じ顔、「一年ぶりですね、座ったテーブルも確か同じですね」と挨拶を交わし周りを見渡した。100人ぐらいかなと思いながら、昨年より少し少ないかなと一年に一度しかお会いしない方々を確認していた。
式次第を見ると、昨年と同じ顔ぶれが挨拶から一本締めまで・・・昨年と同じ。話題はやはり社会の厳しい経済状況のことが多い。「う〜ん、何かたりない」と感じながら、空きっ腹を満たすのだった。
例年と同じというのは、安心する反面、驚きや意外性に欠ける。昨今の状況を考えると、バイキング料理の内容を地産地消の材料を使った物でまとめるとか、省エネの会にするとか、オークションをするとか・・・何か工夫が欲しいと思いながら、少し元気のない会場を見渡していた。うまく説明ができないが、「元気を出せ」と言われても元気を出せるものではない。思わず元気になるきっかけ(仕掛け)や発想の転換が必要だと、たわいもない会話がはずむ会場でひとり冷静な私であった。
12_toritsukune2008.12/16 挽肉料理

歯を治療し始めてから食べ物にはとても苦労する日が続く。お粥に豆腐に芋を蒸したり大根を煮たりして、食べたい物を食べることができないときのメニューはこんなに大変なんだと実感するのだ。ガツンと歯ごたえのある物が食べられないことがさみしくなってきた。そして、野菜類を前歯で細かく噛み切るのは、まるでウサギかネズミのようだ。
そんな中、ハンバーグにつみれ、つくね、メンチカツと挽肉料理がさみしさを救ってくれる。写真は鳥とレンコンのつくねを片栗のあんかけソースで絡めた料理。歯にやさしく、何となく噛みごたえがあって、美味しゅうございました。
2008.12/12 「変」

今日は文字の日。2008年の漢字が発表された。
その漢字は「変」、経済変動、アメリカの変革、日本の首相が短期で変わるなどの「変」が選ばれたのだ。
予想していた「傷」「破」ではなかったが、来年良い方向へ変わることを希望したようなところもあるのかもしれない。いや、政策にしても企業モラルにしても児童を巻き込む事件や家族殺害の事件など、人間が「何か変!」の「変」なのではないだろうか。

私の周りでも民事再生や解散する企業があり、仕事量も減っているのが現実。歳も押し迫り、職をなくす人々のニュースが流れ、景気がすぐに回復するとは思えないのである。
こんな時こそ工夫が必要なのだが、生活の不安が先に立つ。否が応でも節約生活をしなくてはならないだろう。考え方によってはエコ生活の練習になるのではないか…無駄の発見につながるかも…と少しは我が身を見直してほしいと私は思うのだ。
12_garireo2008.12/9 何がやれるか

変化し続けるってことには、とても労力と経済力が必要だ。
クライアントのクルマ屋さんがメインサインをリニューアルした。今年4月に軽未使用車専門店としてリニューアルしてから検討を重ね、ようやくメインサインを変更したのだ。
アメリカの三大メーカーが国に救済を求める現在、クルマ関係の事業には厳しい風が吹いている。そんな中、今、何がやれるか、顧客に何が必要か一生懸命考え、変化し続けているのだ。生き残るためリスクを背負う勇気、攻撃は最大の防御なのだ。
2008.12/5 夜明けは必ず来る

民事再生できるかどうか頑張っている企業がある。今日は昼から説明会があるということで私も出席した。自分はほぞぼそとやりつつ、やりくりが大変だが、200名の社員を抱えるクライアントは社会的影響も大きいし、乗り切るのは大変なことである。久しぶりに社長の姿を見て声をかけたが、少しやつれた感じが何よりショックである。
冷たい雨の降る中、ひとりの遠出となったが、いろいろ考えを巡らせた。とは言っても、腹は減る。最近、歯の治療中でなかなか思うように好きなものが食べられない。うどんはよく食べるので、ラーメンにしよう。と思っても、なかなかココという店がない。もう近くまで帰ってきたところで、最近亡くなった設計のHさんが仕事をしたお店に寄った。週に2回透析をしないと生きていけないと言いながら仕事をしていたHさんの冥福を祈り、ラーメンをすすった。
12_othello2008.12/4 地球の危機

12月だというのにここ2日ほど暖かい。イタリアのヴェネツィアでは水位が1.56メートル上がり20年来最悪の浸水。地球温暖化と騒がれて長いが、この現状にはショックを受ける。観光客で賑わうサンマルコ広場はプール状態、そこでウェイクボードをやっているオランダ人がニュースで流れた。悲壮感漂う観光地、と思いきや、ラテン系の陽転思考なのか、この機会を4年間待っていたらしい。私は意外なニュースに目が点である。
商魂たくましい日本人は今日もエコに乗じた商売をいたるところで考えているのであろうか。心底地球の危機を感じるのは、もっと最悪な具体的状況が見えないとダメなのだろうか?

最近はテレビを消しているときが多く、オセロに将棋などやってます。
 
top
 
ketu5
Copyright (C) 2006-2011 TANPRO. All Rights Reserved. 無断での転載を禁止いたします。