u_osusume u_works uhitori u_yu 問い声
space
11_sikuramen
2008年11月
11_medakanoko
11月、今年も後2ヶ月。やり残していることはないか、再確認です。
写真は寒い時季に鮮やかな赤い色のシクラメンと徐々に大きくなるメダカのアップ。

「ひとりごと」アーカイブ
space
space
takaga
space
2008.11/29 久しぶり

朝から看板施工の確認、結構寒い日で雨が降ったり、午後からは霰が降ったりした。クライアントの息子さんの結婚披露宴があり出席した。
昼から飲む酒はよく効くというか長い時間飲んでしまう。花嫁の両親への感謝の手紙にいつも以上に涙し、二次会へ向かう。久々の夜の街、新しいお店や通りの変化にキョロキョロしながら歩いた。こんなにお酒を飲むのも久しぶり、何もかも久しぶりの夜であった。
11_yakiimo2008.11/26 いい香り

今日は快晴。朝から気持ち良くといきたいところだが、電話が1本、友人からかかってくる。厳しいご時世の厳しい内容の電話。多かれ少なかれみんな大変な時、彼のことを心配ではあったが、友人の甘い行動に気が滅入る。仕事もさほどはかどらず、1日が終わりそうだ。
そんな時、何か甘い香りが・・・仲間達に貰ったダッヂオーブンで焼き芋を作っている。弱火で1時間、重い蓋からいい香りが漏れているのだ。写真が出来上がりなのだが、もう少し長く続けていればもっと飴色になるんだろうか?ホクホクでとても美味しかった。
2008.11/20 テレビを消して

一昨日からとても寒くなった。昨日は例年の1月の気温だそうだ。紅葉は枯れてしまうのだろうか?だんだん春と秋の期間が短くなっているような気がする。

今日も歯医者、1本自分の歯が減った。歯と目の衰えは元気を奪うがしょうがないこと、いたわりながら自分と付き合うことにしよう。

今日は義理の父母と食事をした。義理の父は73歳、酒が大好きで毎日の楽しみなのだが、酒のことで家族から責められることも多い。こんな時テレビは邪魔だ。いろいろ話す中で自分の夢や反省点などを聞いた。一生懸命生きてきて今、好きなものを制限されることがとても辛そうだ。家族の心配と本人の思いがすれ違う。長年一緒に暮らしていても、わかっているようでわかっていないことや思い込みがたくさんある。池田家にも同じような光景があった。親父のことを思い出す。

親父は20年前に亡くなったが、四男の私はあまり親父と話しをしていないと後悔するばかりだ。戦争体験者だった親父から、もっといろんな話しを聞けばよかったと義理の父と話しながら思いがつのる。
子供の頃、大人になれば好きなことができて、自由が手に入ると思っていた私は、いつになれば自分の思い通りになるのかと楽しみにしていたように思う。成人になり、好きなことをやるのだが、いくつになっても問題や悩みは尽きず、いや、どんどん増えるばかり。いくつになっても、ひとつひとつ解決しなければいけないんだと最近になってようやく腹に落ちたように思うのだ。
2008.11/14 きつい

久しぶりの歯医者はきつい。やっとの思いで痛い歯を抜いてくれるのかと思いきや、腫れが引くまで歯は抜けないとのこと、炎症を抑えてくれる処置をして、痛み止めをもらった。仕事など手につくわけがなく、もう少し早く行けばよかったと後悔するのだ。
しばらくお粥の生活が続く。とほほ

今年最後の上海でのATPテニス、ロジャー・フェデラー対アンディ・マレーのすごい試合。世代交代を思わせるマレーのプレーに思わずフェデラーに声援をしていた。不動のナンバーワンだったフェデラーにはあまり負けてほしくない。まだまだ目標的存在であってほしいと思ってしまうのは、変化が早すぎる現在への反感なのかもしれない。
2008.11/11 まだまだ

娘よ、誕生日おめでとう!元気で仕事頑張ってることと思う。たまには気分転換して、自分を見失うなよ。

最近、私は目だけではなく、歯も歳をとってきた。ぐらぐら揺れる歯は最近痛みを伴い、5年ぶりに歯医者に行こうと予約を入れた。顔の中の痛みは集中力をそぎ落とすので、早めに対処しなければと思いながら、なかなか対処ができないものだ。それでなくても集中力が長続きしなくなってきたのに、これではダメだ!
次々に50歳になる同級生達と慰め合いながら、まだまだとこれからの生き方を語り合うことが増えた。それにしても男同士、2時間は話し過ぎだな(^^!)
2008.11/8 歴史的

昨日は立冬、暦でいう冬の入口。もう半袖でうろうろしてると風邪をひくかな。

アメリカではすごいことが起こった。歴史上、初めての黒人の大統領が誕生したのだ。「24」を見ていたので黒人が大統領でも全然おかしくないと思っていたが、現実の世界では大変なことなのだ。TVで見ているとほとんどの黒人の目には涙が光っていた。昔見た「ルーツ」のクンタキンテを思い出していた。奴隷としてアメリカへ渡ってきたアフリカ系黒人の思いの深さはとても想像できない。オバマ氏のスピーチを聴いていると何かこっちまでウルウルしてきた。

季節の変わり目の昨日は、風邪なのか腹痛からかわからないまま、頭痛のため昼から休んだ。何か悪いもの食ったかな?

今日はうれしいことにTANPRO庭球倶楽部に新しい会員が増えた。静かにやる気を燃やしているようだ。楽しみである。
11_dack_kai2008.11/3 ダック会

夕方、懐かしい顔が集まった。以前にも書いた、若い頃からお世話になってる30年続いている喫茶店に、まるで同窓会のように10名ほどの懐かしい顔が集まったのだ。確認してみれば、偶然にもみんな同じ年。容姿は少し変われども昔と同じ雰囲気と笑顔で「変わらんなあ」と遅くまで会話が弾んだ。
そこへ昔の写真が出てきたのだが、予想以上の容姿の変化にみんな驚いたのだ。マスター夫婦もうれしそうで、今の記録として写真を撮ってくれてたので、たまに振り返るのもいいもんだと安堵した。
さっそく、12月に集まろうと軽い約束をした。おまけに会の名前まで、自然と昔の店の名前をつけて「ダック会」と呼びはじめ、日付が変わる頃、解散したのだ。
11_kodakara2008.11/2 不思議なサボテン

昨日、グリーンプランツを見に行ったところ、変わったサボテンをいただいた。葉の葉脈の先に新しい芽がたくさん並んで育っていくサボテンなのだ。名前は「子宝サボテン」珍しく可愛いその姿をずっと見ていると「ひとつあげますよ」「ラッキー!」珈琲までごちそうになり、緑に囲まれて仕事をしていることを少し羨んだ。
以前、整体の先生に「パソコンは生気を吸うよ」と言われ、確かにそうだと思いながら、でも仕事道具だから「や〜めた」とはいかない。適度に変化を持ちながら付き合う必要がありそうだ。世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあり、このはじめて見るサボテンもそのひとつだが、この自然の不思議をパソコンを通じてお伝えしていることに少し不自然を感じるのだ。
 
top
 
ketu5
Copyright (C) 2006-2011 TANPRO. All Rights Reserved. 無断での転載を禁止いたします。