u_osusume u_works uhitori u_yu 問い声
space
8_nyudou
2008年8月
8_suika
8月、夏真っ盛り。歳のせいか、夏の光が眩しすぎてサングラスはかかせない。
写真は入道雲に隣の畑で立派に育った西瓜、夏は苦手だが、夏野菜はとても好きです。夏の後半、身体に注意して頑張って乗り切りましょう!

「ひとりごと」アーカイブ
space
space
takaga
space
2008.8/31 頑張れ!

テニスのニュースはあまりTVに出てこないけれど、あの錦織圭18歳が頑張っている。テニス4大大会(全米オープン)に出ていることさえすごいことなのに、4回戦まで勝ち進んでいるのだ。なんと日本男子の全米4回戦進出は71年ぶりの快挙だそうだ。それもランキング4位のフェレール(スペイン)をフルセットで破っての進出、体力が問題だと言われている錦織、本当に頑張っているのだ。すごい!

テニスはやると見るとでは大違いで、かなりハードなスポーツ。
まだまだ身体の細い彼には長丁場の対戦はキツいに違いない。今までも、せっかく夢のウインブルドンに出て、とてもいい試合をしているのに、腹筋の肉離れでやむなく棄権しなくてはいけなかったりしてたので、今回は実力をみんなに見せつけてほしい。
8_chokoku2008.8/29 自分らしく

各地で大雨、松山は水不足の心配がなくなったのかなあと思う反面、極端な天候にこれも異常気象の一端なのかと考えてしまう。
オリンピックが終わって約1週間、TVでも勇姿をたびたび目にする。願いがかなった者、届かなかった者、感謝の言葉や反省の弁などいろいろだが、とても優等生の会話が多いのにはちょっとビックリ。その中で柔道の石井慧選手の言葉や態度にひと安心する私なのだ。奔放で自分の感情を素直に出す彼は、協会泣かせというか、出来が悪いが憎めない心配かける悪ガキのような・・・それが、とても微笑ましいのだ。
若いときにはみ出さなかったら、いつはみ出すんだろう?ちゃんと反抗期はあったんだろうか?いい子が多くて心配だ。こんなこと思うのは考え過ぎかな?

今朝、埼玉の友人が急遽訪ねてきた。お父さんが亡くなったのだ。90歳の大往生。ここ数年は痴呆で息子の顔もわからなかったらしいが、戦時中の話しなど聞いといて良かったと友人は言う。未婚の友人は持病と戦い、前向きに仕事のことを話して帰って行った。現代人にも健康面や経済面など過酷な戦いがある。自分らしくが難しい時代だから世間と戦うのだ。

写真は友人がオリンピックの数年前から取り組んでいる新体操の作品である。アトリエで制作途中をパシャリ!
2008.8/24 オリンピック3

オリンピック終盤、女子ソフトは金、星野ジャパンは約束を果たせず4位、シンクロの団体は5位、良くも悪くも思わくと違っていた終盤。一喜一憂したオリンピックが終わった。
開会式を見てしまったので、聖火をどう消すのか、巻物の締めくくりはどうするのか、気になって閉会式も最後まで見ていた。
最後まで人の数で圧倒された感じで、中国の「どうだ!」と言わんばかりの展開に「いつ練習してたんだ?」と下らない疑問が湧く私だった。
次はロンドン、選手達はいろんな思いでロンドンを目指すのだろうが、私は一瞬何歳になるのか考えていた。

無事オリンピックを終えた中国、立派な締めくくりをしたのだが、見せたくない部分はとうとう隠し通したままだった。人種、人権、格差、マナーなどこれを機に良い方に向かっていくのだろうか?これからの中国に注目だ。
8_natsuzora2008.8/21 オリンピック2

ようやく肌を刺すような日差しではなく、子供の頃の夏の暑さかなと思うほどになった。毎日、オリンピック中継にイライラ、ワクワクさせられながら日本を応援している。
体格はだいぶん欧米の選手達と比較しても見劣りしないようになった日本人。それでも決定的に差が出るのが闘争心ではないか?日本人はとてもやさしく見える。
そんな中で、今回感じるのは、柔道、レスリング、サッカー、シンクロ、ソフトなど日本の女性の強さ。粘り強くあきらめない女性達に拍手!北島の金に始まり、今日のソフトボールの金で9つ目になるだろうか。
残り少ないが、頑張れニッポン!

写真は、はっきりくっきりの夏空
8_dousoukai2008.8/16 同窓会

今日は中学の同窓会。5年ごとに集まることを決めて、今回で3回目。だんだん集まる人数が減っているが約80名が集まった。名簿が古くなって連絡が取れない者も出てくるらしい。私が遅れて行くと懐かしい顔が集まってきた。東京、大阪、香川、徳島とそれぞれ活躍している場は違っても、集まれば中学の頃の顔である。懐かしい話しに花が咲いて、話しは尽きない。小学の頃の友達もいて、思いは一挙にさかのぼる。しわが増え、頭には白い物が増え、無いやつもいるが、小学、中学のときと同じ笑顔がそこにはあるから不思議だ。何年も会っていないのに気兼なく話せる同級生とまた会うことを約束する。
写真は三次会まで盛り上がる同窓生たち。会いたいが来ていない奴何人か、またの機会に期待しよう。

幹事さん、忙しい中本当にありがとう!
8_nametoko2008.8/15 水の力

松野町の滑床渓谷で足を水につける。ひんやりした水が冷たく心地良い。1時間ほどぼっとして涼をとった。
そういえば今年は一度も泳いでいない。歳をとるとだんだん泳がなくなっていくのがちょっとさみしいなあ。
8_zensai32008.8/13 ひと工夫

クライアントで友人の日本料理の店から久々の依頼があり、相談を受ける。もう8周年になるのだ。顧客の満足度を検討し、おしながきにひと工夫をとケンケンガクガク。再認識してもらうことと企業努力、とにかく一生懸命なのだ。急ぎの依頼にもなんとか対応できそうだ。
今、事務所ではTVがつけっぱなしでオリンピック情報が流れっぱなしだ。仕事に対して良くないとわかってはいるが、一瞬の感動を見逃したくないからなのだ。(打ち合わせの時は消している)
しかし、場を変え、TVのないところでゆっくり美味しいものを楽しみ、ゆっくり語らうことはとてもいい時。たまにはこういう時間を取ることが大切だと思う。
金はなくとも心のゆとりは無くしたくないものだ。
8_lovelive2008.8/9 LoveLive

夕べ、羅座亜留三番町店にて「LoveLive」が行なわれた。ピアノとベース、ボーカルによる生演奏。独身の男女が集まり約3時間、楽しい時間が流れた。不況風の強い今日この頃、TVに流れる嫌なニュースや回復の見えない経済、どうしても下向きな空気が流れがちだ。そんな時、いい音楽に新しい出会いを演出するこの企画は新鮮だった。私もお手伝いをと店に座っていたが、久々の外で飲むビールにひとり真っ赤な顔をしていたようだ。

今、オリンピックでも日本選手達が頑張っていて、勇気を分けてもらうのだが、自分自身行動をおこさないとモチベーションは上がらない。さあ!
2008.8/8 オリンピック

毎日暑い日が続く。少し忙しい日が続き、「ひとりごと」をさぼってしまった。睡眠不足だったので夕方うとうとし目をさますと、今日はオリンピックの開会式があるではないか。
中国北京でのオリンピックはやはり雰囲気が違う。日本の10倍の人口を持つ中国、大勢の人の力で開会式が演出されている。漢字の発明に紙の発明、そして水墨画、シルクロードと中国の歴史が200mの巻物の中に展開されていく。中国映画でおなじみお得意のワイヤーアクションで人が宙を舞う。そして、204国の選手の入場。共産国でのオリンピック、人気の国への歓声もひと味違う。
オリンピックの開会式を最後まで見るのは初めてではないだろうか。中国の映画監督が演出したそうだが、ストーリーと表現がしっかりしていてわかりやすく、目新しい技術はないが、とても好感が持てた。
今日はロジャー・フェデラーの誕生日だそうだ。スイスの旗手を務めた彼やスペインのラファエル・ナダル、錦織くんの活躍も見逃せないが、テニスの中継はあるのだろうか?
4年に一度のスポーツの祭典、日本の選手達頑張れ!
 
top
 
ketu5
Copyright (C) 2006-2011 TANPRO. All Rights Reserved. 無断での転載を禁止いたします。