u_osusume u_works uhitori u_yu 問い声
space
7_left_tomato
2008年7月
7_left_momo
7月、2008年も後半突入。太陽を真近に感じる月、暑さの苦手な私は身体のメンテと暑さを凌ぐ工夫をしなければならないのです。そして、この時期のコントラストの強い色合いの風景を楽しもうと思います。
写真は去年のトマト、今年も美味しく実をつけてほしい。下は大家さんが育てる桃、少しいただいて桃酒に挑戦。

「ひとりごと」アーカイブ
space
space
takaga
space
7_tsubamenoseityo2008.7/29 前向き

毎日暑い日が続きます。
「ひとりごと」から暑中お見舞い申し上げます。
くれぐれもお身体ご自愛ください。

玄関先のツバメも無事成長しているが暑さにバテているようにも見える。確か4羽いたはずのヒナが2羽しか見えない、どうしたんだろう。
親の怠慢か、えさ不足か、とにかく自然では、強くなければ生きていけない。強いものだけが生き残り子孫を残すのだ。こうやって連綿と続いていくのだ。

元気のない地方経済を、国が悪い政治が悪いと言っている場合ではない。切り口は必ずあるはずと毎日を過ごしている。
ただ私は夏が苦手なので身体に注意しながら・・・

昨日、友人から電話があり、東京での「癒しフェア」での散々な結果を聞かされた。赤字をバネにして課題が多くありそうだ。結果報告とこれからのことを話すこと2時間半、さすがに耳鳴りがした。それでも、これからのことを話せ、前向きになれるというは幸せなことだ。
2008.7/23 大汗

まぶしい暑さが続いている。熱中症にならないように、塩分入りのカルピスを飲み、大量の水を補給しながらやるテニス。この時期にやるハードなスポーツは身体に堪える。しかし、大汗かいた後、シャワーを浴びると、その後は汗をかきにくいからとてもさわやかなのだ。大汗かいた時に感じる風もとても心地いい。やっぱり人間も自然の一部なんだと感じる瞬間がある。
歳も歳なので準備運動も、伊達ちゃんの練習を参考にしっかりやっている。おかげで筋肉痛も少なくなった。

こんなことばかり書いているが仕事もちゃんと?しているのでご心配なく!
7_hinatanjo2008.7/20 ヒナ誕生

とてもいい天気、眩しい太陽の光はアスファルトを溶かすほど暑い。こんな日は外へ出るのが億劫だ。
表に出て見上げると、玄関先のツバメの巣にヒナが誕生していた。最初に飛んできたのは1羽だけで、途中、巣の一部が壊れていたりしたが、無事にヒナが3羽誕生したので安心した。後は無事に成長し飛び立つことを願うだけだ。
7_bochan2008.7/18 坊っちゃん

今年はじめて四国アイランドリーグの試合を坊っちゃんスタジアムに観に行った。愛媛マンダリンパイレーツ対福岡レッドワーブラーズ、今年から九州の2チームが加わり6チームの戦いだ。

この球場に龍馬が現れた。
マンダリンパイレーツの応援と坊っちゃん劇場でのミュージカル「龍馬」の告知、抽選会の発表をしていた。ミニ芝居がかわいらしい。
試合は7回、2対1の接戦だったが、最終回に福岡に4点を入れられ愛媛は負けてしまった。

それにしても、坊っちゃんスタジアムに坊っちゃん劇場、坊っちゃん団子に坊っちゃん列車、道後温泉には坊っちゃんの間、松山は「坊っちゃん」だらけ。夏目漱石に依存し過ぎじゃないのか。安直なネーミングにはうんざりする。古き文化財を大事にすることはいいことだが、新しい物語が見えてこないのはさみしい限りだ。
2008.7/14 いい男

日曜日に大洲まで走り、友人と昼食。全仏(Roland Garros)の試合をビデオに収めていてくれて、それをもらいに行ったのだ。
日曜の晩は早速ビデオ鑑賞。ナダル優勝の足跡を鑑賞した。最近、うちのTVはテニスしか放映していないのかというくらいテニスが流れている。結果だけでは分からない実力がビデオで楽しめるのだ。特にナダルと錦織の試合(アルトワ選手権)は、今後の錦織への期待がとても膨らんだ。
そして、ナダルが、友達になりたいくらいいい男だとあらためて思うのだ。
ちなみに私はゲイではない。
7_crash_jazz2008.7/12 CRASH JAZZ

誘われて、初めてCRASH JAZZのコンサートに行った。普段は市役所の職員、大学の教員などの職についている方々が音楽を通じ出会いメンバーを組んでいる。年2回コンサートを開いているらしい。パンフレットを見ると1981年にクラッシュ・ジャズ・オーケストラを結成したらしい。なんと私の独立した年と同じではないか。それでおじさんが多いのか。

トランペットのソロで音が出てなかったり、少し外れてたりするのが気になったが、それもご愛嬌、ライブの良さだろう。照れくさそうに挨拶するおじさんが、サックスを演奏しているときは別人でジャズしている。とてもいい感じだ。懐かしいナンバーには思わず身体がスイングする。みんな生き生きしていて魅力的だった。

帰りにジャズしてたおじさんに握手を求めたのだが、初対面なのに「誰だったかな?」と悩んでるかもしれないな。とても愛嬌のいいおじさんだ。
7_hiyashiudon2008.7/11 暑いは罰金

暑い日が続く。外から帰り、小さな文字の原稿を見ると目がクラクラしそうである。
事務所ではTシャツに短パン姿のクールビズだが、打ち合わせの時はそうはいかない。長ズボンやシャツが肌にまとわりつく。夏はピカソ姿が一番だ。

うちでは「暑い」という言葉に対し罰金を取ることにした。「暑い」と嘆けば100円を豚の貯金箱に入れるのだ。昨日始めたら早くも400円が消えた。
話題にエコが頻繁に出てくるこの頃、言葉や気分から温度を下げたいと試みている。

写真はいただいた半生うどん利用のざるうどん。周りを彩る野菜は茄子・キュウリ・シソ、うちの畑で採れたものだ。シンプルでなかなか美味そうでしょ!
2008.7/7 すごいライバル

夕べ午後10時半から今朝の午前5時過ぎまで、雨天中断をはさんですごい試合があった。ウインブルドン男子シングル決勝戦、ロジャー・フェデラー対ラファエル・ナダル。
フェデラーはウインブルドン6連覇という新記録をかけて、ナダルは同じ年に全仏(クレイ)とウインブルドン(芝)での連覇をかけて、歴史に残る最長試合(4時間48分)となった。ランキング1位と2位の3年連続で同じ顔合わせの決勝戦。フルセットの末、なんとナダルが念願の初優勝を飾ったのだ。

決勝戦まで1セットも落としていないフェデラーが立て続けに2セットを落とし、3・4セットはタイブレークでフェデラーがとった。5セット目はタイブレークなしで2ゲーム勝ち越すまで続く耐久戦。9対7でナダルがとったのだ。
この試合、ナダルから見て6-4・6-4・6-7・6-7・9-7、数字だけではわからないすごい試合だった。ドキドキワクワクしながら、私は本当にこの試合が見れて幸せだと感じた。良きライバル同士が決してあきらめない戦い、お互い敬意を表し、真剣に戦う二人にかかるプレッシャーはいかなるものか?文章にうまく表現できないが、涙が出るほど感動した。

世界トップのプライド、技術、忍耐力、精神力、向上心、負けるかもしれないと思う恐怖心、予測力、勇気、いろんなものが五分でぶつかる試合は、どういう結果がついてくるのかさっぱり分からない。どっちが勝ってもおかしくない試合は2年連続で行なわれたのだ。
今年、勝利の女神はナダルに微笑んだ。
この勝利は昨年の試合から続いているように思えてならない。
2008.7/5 梅雨明け

梅雨が明けた。30度を超える日が続く。明日は洞爺湖サミット、TVでは温暖化についての特別番組が放映されている。ただ暑いと終わらせることができない感じだ。
切実に目に見えて温暖化の現象が出ている地球に対して、日本は世界をリードしていくことができるのだろうか。今の日本のリーダーに期待できないのは私だけだろうか。国内の問題、北朝鮮の問題、歯切れの悪い発言や行動にイライラする日が続く。何を優先してるのだろうか。国益か、日米関係か、事なかれ主義か、それとも影のドンの指示なのか。

自分にできることとは何か、考えさせられる。
7_date2008.7/3 ウインブルドンへ

2008年、後半のはじまり。今日はとても暑い。本格的な夏に突入か。
昼前に近くのテニスコートへ向かう。クルム伊達公子に会いに行った。というより見に行ったという方が正しい。意外に小柄な身体で引き締まっていた。練習風景を見るには間に合わず、疲れているのにサインをしている姿を見に行った感じ。
今、ウインブルドンの真っ最中だが、伊達ちゃんにも返り咲いてほしい。

頑張れ!日本のテニス人たち。
 
top
 
ketu5
Copyright (C) 2006-2011 TANPRO. All Rights Reserved. 無断での転載を禁止いたします。